たけのこ育児通信

金融系転勤族がおくる、育児ブログを目指す雑記

オートローンの審査をする前に確認しておきたいこと

ども、たけのこです

 

僕は今愛知県で勤務しているのですが、名古屋市内ではなくもっと静岡よりの岡崎市という所に住んでます。

近隣の方ならご存知だと思いますが、車がないと生活出来ない地域です。

一家に一台ではなく一人一台の世界、車がなければスーパーに買い物に行くのすら一苦労です。

でも車は消耗品ですから定期的に買い替えが必要になります、一人一台の社会で数年ごとに車を買い替えるのですから全て現金一括というわけには行きません。

そうすると分割払いでの購入が選択肢に入ると思います。

そう、クレジットの出番です

 

地方に限ったことではありませんが、いきつけの車屋さん、もしくはディーラーにいって車両を決めた後は支払い方法について必ず聞かれますよね?

それぐらいオートローンというのは世の中に浸透していると思います。

 

大きな買い物ですから折角なら有利な条件のオートローンを組みたいですよね

そこで今回はオートローンの審査を申込みする前に確認しておきたい事を伝えていきたいと思います。

 

f:id:takenoko1212:20190714122620j:image

 

どこの金融機関のオートローンを利用するのか

 

まず知っておきたいのは、自分がどこのオートローンを組もうとしているのかです。

 

一般的にオートローンは2種類

  • 車屋さんの提携オートローン
  • 個人で段取りするオートローン(銀行など)

 

個人で銀行などから借りる場合は

皆さん自分で選んで、申し込み手続きを取って書類を用意する必要があります。

ですから当然どこで借りるかよく分かっているのですが、車屋さんの提携オートローンの場合はどこの会社のローンか分からないまま借りているケースが結構あります。

 

どこのオートローンを使うかによって金利や審査条件などは違います

 

自分が今利用しているクレジット会社のオートローンがあれば、その支払中の実績を加味しての審査になりますから

きちんと支払いをしていれば審査に有利に働くことが多いでしょう

 

だからまずは、どこのオートローンを利用できるのか車屋さんに確認するようにしましょう

何社か提携ローンを持っている車屋さんが多いと思います。

 

金利はいくらか

 

当然ですが金利も確認しておかないといけませんね。これも銀行などに自分が申し込む場合はハッキリと分かっているでしょうが

車屋さん任せにしておくと月々の支払い金額しか知らずに金利は聞いてなかった

なんて事になる可能性もあるので注意して下さい。

最近のオートローンの金利はドンドン安くなっている傾向にあります。

ディーラーや銀行なら1.9%から3.9%が多いと思います。

車屋さんの提携ローンは新車と中古車で金利が違うこともありますが

 

新車なら2.9%から5%

中古車なら3.9%から7%

 

くらいですかね。

 

車屋さんはローンの金利をお店の収入源としている所も多いので一般的には金利が高くなりがちです。ただ、クレジット会社との提携ローンになることが多いので

銀行等と比べると必要書類や対応面で融通が利きやすく手間がかかりにくいという面もあります(必要な手続きは全部車屋さんがクレジット会社としてくれます)

 

ですから、金利を確認してあんまり高ければ他の金融機関のローンにするとか購入するお店を変えるなどした方がいいと思います。

 

オートローンの返済方法変更は可能か

 

同じ金利のオートローンにも銀行やクレジット会社毎で商品が異なります。中には途中で支払いの金額を変えられるものや、途中で多めに入金して回数や金利を減らすことができる商品もあります。

昔ながらのオートローンだと

  • 決まった月々を払い続ける
  • 途中で全額を一括する

この2つしか出来ない場合が多いです

その時は良くても後のことまで考えてないと思わぬ損を被ることにもなってしまいますので、途中入金ができるか金額変更が可能か

この2つは確認しておいた方がいいでしょう。

 

車両保険には入るか

 

これはクレジットには直接関係ないことではありますが

車両保険に入っていないままローンを組んで、事故で全損してローンの支払いだけ残った

僕らは実際、こんな話をよく聞きます

 

残ったローンを一括できるだけの預金があるのなら全く問題ないですが、そうでないなら保険料の節約よりも万が一のことを考えた方がいいと思います。

 

まとめ

 

大事なことは、自分が組む予定のオートローンのことを良く理解することです。

高い買い物ですが、人任せにして契約しても後で誰も責任を取ってくれません。

 

自分で納得してローンを組みましょう!